読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムッシュちょっぽの なんねんろージャーナル

70代の夫が人生初の個展をパリで果たした!でも、思い出に浸る暇もなく…!傍で見守る妻の記録。

【パリ通信】続・帰国の朝

飛行機には乗れたんです私達

でも…

 

 

 

 

ありますよね

乗ってから時間がかかることって

 

 

 

搭乗される方がまだ到着していないとか

整備に時間がかかっているとか

 

 

 

この日もアナウンスでは

飛行機の尾翼に氷と汚れがあり

これを取るのに時間がかかっている…云々

 

 

 

まぁそういうことかと待つこと2時間

長過ぎないか

手伝おうか

 

と思っていたらようやく動き出し

 

 

 

滑走路からゴォーという爆音と共に

スピードアップ

いよいよ空に飛び立つぞ!!!の瞬間

「ゴォ〜ゥン」っていう凄まじい音が!!!

 

 

その瞬間飛行機は逆噴射で急ブレーキ

テーブルに置いていた携帯電話も宙を舞い

はじめてシートベルトの恩恵に授かった私達

 

 

えーーーーーーーーーー

何コレーーーーーーー

w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

 

 

またまた飛行機は動かなくなり

消防車が到着

消防士達が機内に乗り込み

ここで又1時間くらい経過

 

 

その後

「機体を整備するので一度降りてもらうことに…」

のアナウンス

 

( ̄Д ̄;) 

 

大阪行きの飛行機は日本人が多く

みんな文句も言わずに

タラップから機外に脱出してバスに乗り

 

 

新しい飛行機に乗り換えるんだと

誰もが思っていましたよ この時は…

 

 

 空港に戻った私達は

案内人もいない状態で右往左往

 

バスで一緒だった人達と連れ立って歩いて行くと

スタッフらしい女性が1人

「10・11」と書いた紙を持っていて

(ただ持っているだけで説明なし)

 

そこに行けば良いのかと歩いても

そんな番号はどこにもなし

 

 

 結局一度再入国

そして再度チェックインカウンターで

それぞれが説明を受け

「Demain」「Tomorrow」って言葉が

耳の中でこだまして

 

 

えーーーーーーーー

明日ぁ〜〜〜〜〜( ̄Д ̄;)

 

 

「ホテルは会社で予約するし

食事も付くから良いでしょう」的な説明の後

(本当は丁寧な説明だったかもしれないけど)

 

 

これまた案内人もなく

右往左往しながら

ホテルのループバスを探し出し

乗車してしばらく行くと

 

途中で乗り換えろと

暗闇の中 有無を言わさず

乗り換えさせられて

 

f:id:choppo:20161219011625j:plain

ホテル到着が19時頃でした(涙)

 

そう

 

まる1日飛行機トラブルに振り回されたということです

 

┌┤´д`├┐ 

 

 

疲れもピークの私達

「泊まるとこがあるだけましか…」と

簡単に夕食を済ませ就寝(でも眠れない)

 

 

朝4時起床でループバスに乗り

約束のチェックインカウンターに到着

 

 

さすがに10分前行動厳守の日本人

(細かく言えばは30分前には ほとんどの人が到着)

 

されどカウンターには誰もいない(苦笑)

 

 

約束の時間を過ぎてやっと手続き

 

f:id:choppo:20161219011649j:plain

出国審査もやって

真っ暗な空港をウロウロしてました

 

 

そんな徘徊しながら見た朝焼けは

とてもきれいでした

 

ちょっぽさんもこの時は

スマホのカメラでパチリとやってました

f:id:choppo:20161219011829j:plain

 

 

今度こそ何もありませんようにと

乗客全員の祈りのようなパワーで

無事関空に到着

 

 

数時間共に闘った仲間のような雰囲気で

無事到着を喜びながら

乗客達はそれぞれの行き先に

散っていきました

 

 

日本人って従順というか

穏やかというか我慢強いというか

自分も含めていろいろ感じることが多い

帰国の途でした

 

 

本当に無事で良かったね ちょっぽさん

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*