読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムッシュちょっぽの なんねんろージャーナル

70代の夫が人生初の個展をパリで果たした!でも、思い出に浸る暇もなく…!傍で見守る妻の記録。

新生「BOOCHIC(ブーチック)」始動

日常生活の出来事

そろそろお手元にニュースレターが届いた頃でしょうか。

内容は重複しますが

応援したいお店の記事紹介をブログでも

ピックアップしました

 

いつもより文字数多くて長い記事に

驚かれませんように(笑)

----------------------------------------------------------------

 

今回のチームちょっぽは

ニュースレターの取材を兼ねた

ランチ会を開催

 


場所は大阪中之島ダイビル本館2階
フレンチ・ビストロノミーのお店

「BOOCHIC(ブーチック)」

 



あれ、そこは「DUMAS」じゃないの?
と思う方もおられるでしょうが
今年から店名が変わり

「BOOCHIC(ブーチック)」になりました

 

 

変わったのは店名だけ

お店のスタイルは変わりなく

支配人やシェフなど他のメンバーは健在です

 

 

 

「DUMAS」時代から

いただくお料理が美味しいだけでなく

若い人のパワーを感じる魅力あるお店だと

ちょっぽさんは感じていました

 

 

そこでニュースレターに掲載させていただく事に

 

 

お二人のお話がとても良い内容だったので

ブログでも皆様にご紹介したくなりました

 

-----------------------------------------------------------------------

ニュースレターより

シェフ船岡勇太氏のお話


滋賀県で2世帯同居の家庭に育つ。

転機となったのは16 歳の頃、

格闘家を目指す尖った思春期の船岡さん。

寝たきりの祖父にせがまれ初めて作ったお粥。

「おいしかった。ありがとう。」と

涙を流して笑顔を見せた祖父が3日後に旅立った。

家族に心配をかけない「ありがとう」と言われる人になりたいと

シェフになる決意をする。

インスタントは食べさせず、

すべて手作りしていた母にならい、

自家製で出来るものは作り、調理方法にもこだわ るシェフ。

白味噌を隠し味に入れたり、牛肉と海藻を合わせたりするなど、

母に育ててもらった味覚を使い

様々な食材に挑戦する力強さが魅力。

「お客様が料理を食べ

笑顔になってくれる事だけを目指しています。」と。

どうしてもお客様の様子が気になり

調理の合間にホールを覗く事も

たびたびあると語って下さいました。

-----------------------------------------------------------------------

 

 

この他にも

「食材には妥協したくない、自分で納得したものを提供したい。」

「誰よりも努力し、それを惜しまないこと。」

「感謝する気持ちが何より大事。」

「恩返しは未来へつなぐこと。」

「決して諦めない。」


と熱い言葉が口からどんどん溢れ出て来ます

これからが本当に楽しみな船岡シェフです

 

 

この時いただいたお料理は…

 

 

f:id:choppo:20170116185546j:plain


バターナッツかぼちゃのスープ。

茶色いのは新鮮卵の濃厚な卵黄です。←詳しくはお店でw

 

 

f:id:choppo:20170116185752j:plain


同ビルの「PARIS-h」のバゲット。美味しい〜^^*

 

f:id:choppo:20170116185934j:plain


鰆のビスクスープがけ。

白味噌が隠し味に。いい仕事してます〜


f:id:choppo:20170116190221j:plain


宮崎牛のイチボのステーキ。肉汁が溢れて美味しいです。


f:id:choppo:20170116190420j:plain


苺の塩麹入りロールケーキのキャラメルソースがけ。

少し効いた塩味で甘味がさらに増して味わえました。


-----------------------------------------------------------------------

ニュースレターより

支配人木山光祟氏(ソムリエ)のお話

 

次に話を伺ったのは、支配人でソムリエの木山さん。

金髪に破れたデニム姿。

フレンチにありがちな肩苦しさを

店員自身がラフに装うことで、

お客様にも気軽な気持ちで来店して欲しいからとのこと。

ワインについても独学で勉強し、

当時最年少でソムリエの資格を取得。

「フランスのワイン文化、

歴史を大事にして提供し続けたい」と、

ワインは全てフランスから調達。

そして今年はレストランサービス技能士

受検資格に達したので挑戦する予定。

海外でのサービス経験もあり英語は堪能。

フランス語も現在勉強中。

「無理」と言う事は言いたくないと言い切る、

ガッツ溢れる支配人です。

-----------------------------------------------------------------------

 

好奇心があり繊細で努力家の木山支配人

いつも笑顔で迎えてくれます

船岡シェフとの息のあったサービスが

心地よい空間を作り出しているのかな



f:id:choppo:20170116190718j:plain

金髪青年が木山支配人。隣の美味しそうな人は船岡シェフです^^


f:id:choppo:20170116190848j:plain

ワイングラスやお酒がライトアップされ、輝く様にうっとりします。


<ちょっぽさんのつぶやき>

2人に別々に聞いたのだが

同じような答えが返ってきた

「僕らチームは若いし

経験値はまだ足りていないけど

食のサービスにかける情熱だけは

誰にも負けないものを持っている」

「後輩たちに負けないよう日々勉強です」

 

船岡シェフ31歳 木山支配人28歳

他のスタッフは20代前半ばかりという

とても若いチーム

だけどこの歳でもう食の伝統を

次の世代に引き継ぐことを考えている

自分たちそれぞれのこだわりを

10年先も20年先も持ち続けて欲しいし

自分自身も楽しんで

仕事をし続けてもらいたいと願っている

 

----------------------------------------------------------------

カジュアルながらも一本芯の通ったフレンチでした!

是非皆さんも一度味わってみませんか (° °)˖°オホッ!

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

 

ニュースレター第3号発送しまーす(^^)

お知らせ

長い間

ブログをお休みしておりました

 

 

 

「最近どうしてるの?」

「忙しいの?」

「身体の調子が良くないの?」と

皆様にご心配をおかけしました

 

 

ごめんなさい

ゆるゆるしておりました←しすぎてたかも

 

 

 

そしてニュースレター

「NOUVELLES DE LA SAISON」第3号が

出来上がり

発送作業も本日終了致しました

今から投函致しますので

皆様お時間がありましたら

是非ご覧下さいね

 

 

 

f:id:choppo:20170208154201j:image

ディズニーやら秋バージョンの切手で

大変失礼致します

 

 

それでは郵便局に行っていまーす (ω<)

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

 

2017年ゆるゆる開始…?

日常生活の出来事

あけましておめでとうございます

…ってすでに数日経過(^^;)

 

 

今年のお正月はお天気が良いにもかかわらず

昨年の反動か自宅で引きこもり

 

ダラダラしてるうちに

三が日も終わりかけております(^^;)

 

 

 

「時間が大事‼︎」がモットーの

ちょっぽさんの事

 

今年1年間の予定も

さぞかしたっぷりと

考えてるに違いないと訊いてみたら…

 

 

 

∑o(*'o'*)o えっ⁈

 

 

 

 

アイディアなし⁈

 

行き当たりばったり⁉︎

 

マジで⁇ w( ̄▽ ̄;)w

 

 

 

 

という事で

 

2017年チームちょっぽのテーマは

「風の吹くまま気の向くまま

直感まかせで動く

行き当たりばったり一年の旅」

という感じで(タイトルだけ盛大に盛ってるなぁ^^;)

突き進む事になりました(^^;)

 

 

そうそう 盛るといえば…

 

お正月らしく

我が家のおせち料理の写真を

載せておきましょうかね^^;

↑行き当たりばったり感が既に出てるw

 

 

f:id:choppo:20170103124620j:image

「すずがみ」という

錫でできた柔らかなお皿にのせたものです

 

端に添えている「栗きんとん」は

ちょっぽさんの大好物

今年もたっぷりといただきました

 

今年も皆様にとって良い年でありますように‼

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

 

パリのイルミネーション05

パリの思い出 その他の作品

イルミネーション・シリーズ第5弾

写真作品紹介は大晦日の日で完了です

 

2015年のMontaigne通りは

本当に綺麗なイルミネーションでしたので

もう少し紹介させてくださいね

 

f:id:choppo:20161220121319j:plain

花のような電飾を飾った

アールヌーヴォー・デザインのお店の庇と

ぼんやり浮かんだエッフェル塔 

 

1900年にあったパリ万博の夜って

こんな感じだったのかなぁと

思いを馳せてみたりして^^

 

f:id:choppo:20161220122340j:plain

 幻想的な明かりで 

見とれてしまいます

 

 

 

こうした電飾って 

翌年使わないのであれば

どこか別の場所で

使えないものなんでしょうか

シャンゼリゼ大通りのフラフープ状の

ライトも無くなってたし…

 

 

 

綺麗なデザインを短期間だけしか使わないのって

「儚さ」という点では完結していて良しとしても

もったいないなと思ってしまいます

 

 

f:id:choppo:20161220122426j:plain

またどこかで見れたらいいなぁ

 

 

そんな思いを引きずりつつ

2017年のイルミネーションにも

期待しています^^*

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

パリのイルミネーション04

その他の作品 パリの思い出

真冬の空気は澄んでいて、たとえ関西の中心部であっても

バルコニーから星の輝きは結構眺められるのですが

見下ろす街路樹のイルミネーションも負けていません

ていうかキラキラの集まり具合は

ハンパなく多いので空に勝ってる気が^^;

 

さらに異国の美しい街の灯りも

ほんとはこの足で眺めて歩きたいところ…

 

こちらの画像を眺めて

イルミネーションで輝くパリのMontaigne通りを

歩く自分を少しでも空想しようと思います^^

 

まずは2015年のイルミネーション

 

f:id:choppo:20161220120149j:plain

花火のような電飾

f:id:choppo:20161220120241j:plain

それが車の曲線に反射すると

さらに美しい^^

f:id:choppo:20161220120421j:plain

アップで見るとこんな電飾

素敵ですよね^^

 

次は2016年のイルミネーション

場所は同じくMontaigne通り^^

f:id:choppo:20161220120505j:plain

わかりにくのですが

夜空に向かって青いライトを照射しています

 

f:id:choppo:20161220120519j:plain

光の小さなゲートの向こうに

シャンデリアのような飾りが

 

私たちが見たのは街のほんの一角に過ぎませんが 

2015年は電飾そのものの形状に凝ったものが多かったようですが

2016年は街全体で小さな電球を集めて形を作り

照らしている感じでした

 

こんなに美しい輝きがあちこちにあれば

夜空を見上げることも忘れてしまいそうですね^^

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

パリのイルミネーション#03

その他の作品 パリの思い出

イルミネーション・シリーズ第三弾

今回もホテルGeorgeV Parisですが

これは2016年のものです

f:id:choppo:20161220115406j:plain

全体を温かいイエロー系でライトアップ

 

f:id:choppo:20161220115336j:plain

樹木も電球を絡めています

 

 

f:id:choppo:20161220115208j:plain

足元の植栽にも豆電球で包んでいる感じ

 

でも

 

去年のと比べると 少し控えめかなぁ

 

 

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*

  

【パリ通信 番外編】あらら…(^^;)

パリの思い出

イルミネーションシリーズの

合間にひとつ

 

今頃気づいた

パリでの出来事の番外編を挟みます^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

帰国して1週間が経過して

フランス国民美術協会主催の

サロン展の思い出に浸るちょっぽさん

 

しげしげと関係者パスを眺めていたら

 

 

突然 吠えました

↑腹の底から

 

 

 

ち「あ"ーーーーーっ!(◎_◎;)」

 

 

 

 

 

ま「ナニナニ⁈  Σ(゚□゚

 

 

 

 

 

ち「間違ってるー‼️名前が〜(^^;)」

 

 

 

ま「えっ」

 

 

ま「うそーっ!」

ムンク「叫び」状態

 

∑(!? ̄Д ̄)゚

 

 

f:id:choppo:20161225082125j:image

 

ほんまやぁ〜〜 ( ̄◇ ̄;)

 

YOSHIAKI→YOSKIAKI

 

なんて読むのだ⁇

 

Hはどこいった!?

 

 

サロン展で出されたカタログの掲載名も

展示されていたプレートも

よくよく見れば

 

みーんな「YOSKIAKI」でした(苦笑)

 

どこでどう間違ったんや〜 

 

 

パリでのハプニング

終わってから気付くことになるとは

トホホな気分です(´д`)

 

今頃気付く私たちも

大概ダメダメだけど(^^;)

チャンチャン♪

 

 ↓ブログランキングに参加しています♪

ぽちぽちっと一押しをお願いします^^*